SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

クラス内容説明
格闘技留学シアトル / Kakuryu Hawaii

AMCのクラス内容の説明です。練習は一日2−3時間、夕方5−6時から夜20−21時までとなります。個々のレベルに応じて勧めるクラスとクラス数を伝えますが、もっとできる、もしくはこんなにはできないと現場で感じれば自身で調整してくれてかまいません。新しい環境で一週間毎日2−3時間やりきるのはかなり大変です。ついやる気が先走るとケガや病気につながるので、留学が決まれば細かく気をつける点をお知らせします。(ブログにも書きます) 随時質問があれば  kakuryu0seattle@gmail.com までお気軽にご質問ください。日本のスタッフ(マカベ)が丁寧に対応致します。

 

 

 

全クラスでちゃんとクラスについてこれるようザックが積極的に留学生のパートナーとなります。(ザックは日本語はしゃべりません。が、留学生に理解があるので辛抱強く教えてくれます)が、彼はバンタム級の選手ですので、体が大きい留学生の場合、体格差がはげしくうまくドリルが出来ない場合は他の会員と組んで行います。他のメンバーとも接する機会はありますし、他のメンバーと意思疎通してクラスについてこれる自信があれば/自信がついたら、ザック以外のメンバーと組んでもらってかまいません。

 

ボクシング

 

ボクシングの基礎動作を学ぶクラスです。基礎的な動作の反復からパートナーとの基礎ドリルを行います。 *体験*このクラスのインストラクターの基礎を教える能力の高さには驚きました。私はボクシングを選手として16年指導者として10年近くやってきましたが、このクラスを受けて自分の新しいより効率のよい動作を、このクラスで基礎を学びなおすことで気づくことができました。

 

フォーカスミット

 

パートナーと互いにボクシングのミットを持ちコンビネーションを練習します。様々なコンビネーションを簡単なものから徐々にレベルをあげて行っていきます。ペアで交互に行いますが、体力を使うクラスですのでインストラクションも含めてトータルで45分のコースです。 キックボクシング キックボクシングの基礎動作を学ぶクラスです。基礎的な動作の反復からパートナーとの基礎ドリルを行います。

 

ムエタイ

 

経験者用のクラスです。クリンチからのヒザ、首相撲などアドバンスのテクニックを学びます。経験無しの方は参加を勧めませんが、多少の経験がありこのクラスに興味があれば留学生は参加が許されます。(技術に自信がない方はザックとペアを組む必要があります。) タイパッド タイパッド(キックを受けれるキックボクシング用のミットです)を使いパンチとキックのコンビネーションの練習をするクラスです。フォーカスミットのクラス同様、45分のクラスです。

 

 

サブミッションレスリング

 

基礎なレスリング技術、テイクダウンまたはテイクダウンディフェンス、そしてグランドでのコントロールの仕方を学びます。基礎的なドリルが主ですので経験は要りません。

 

ブラジリアン柔術

 

柔術着をきた寝技の練習です。基礎的なドリルが中心ですので経験は必要ありません。※ただしこのクラスへ参加を希望される方は柔術着を持ってくる必要があります。柔術着レンタルは行っていません。

 

MMA/パンクレーション

 

個別に学んできた立ち技、テイクダウン、寝技、を繋げて学ぶクラスです。個々のジャンルの基礎が必要となるため、このクラスを受けるには格闘技経験が必要となりますが、留学生はザックとペアになるのであれば経験がなくても参加できます。金曜日に行われるため、一週間個別に学んできたことの集大成として参加してみるとよいと思います。

 

アドバンススパーリング

 

実践練習、スパーリングのクラスです。立ち技のみのスパーリングからはじまり、時間の後半は総合格闘技(MMA)のスパーリングへと移ります。激しいスパーリングは行いませんが、このクラスに参加するには実戦の格闘技経験が必要になります。パートナーとなる人、自身の安全を守るため格闘技の試合を行ったことがあること、もしくは長い期間のスパーリング経験があることが必要となります。このクラスはローテーションでパートナーがかわるので、ザック以外のメンバーともペアになることになります。

 

オープントレーニング

 

クラスが自分のレベルにあわず受けれないものの場合や、参加を希望しないクラスの時間帯に、ジムの空いているスペースで自主練習を行えます。筋肉痛や疲労でクラスについていく自信がない日は、クラスを見学がてら自主練習を行う日があってもよいと思います。せっかくきたからとはりきるのはとてもよいことですが、せっかくきたからこそ怪我をしないことが第一です。

 

 

では次は宿泊先、シアトルでの生活についてを紹介します。

 

 

Fight for Wins, fight for Wellness

 

TANJI

 

 

 

| - | - |
pagetop
<< 留学内容 | main | 暮らすのエリア/滞在先 >>

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--